所属弁護士

辻川 昌徳 | Masanori Tsujikawa

Tel :03-3596-7315

所属

  • 第一東京弁護士会
  • ニューヨーク州弁護士会
  • アメリカ法曹協会(ABA) 反トラスト法部会会員

経歴

1999年 筑波大学附属駒場高等学校卒業
2004年 東京大学法学部卒業
2004年 司法試験合格
2006年 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)
長島・大野・常松法律事務所入所
2012年 アメリカ合衆国シカゴ大学法科大学院卒業
2012年 Arnold & Porter LLP(ワシントンDCオフィス)で執務(~2013年)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2013年 Arnold & Porter LLP(ブリュッセルオフィス)で執務
2013年8月 潮見坂綜合法律事務所入所

著書・論文

  • 「LexisNexis Foreign Investment Law Guide 2017-2018, Jurisdictional Q&A : Japan」 (共著) 2017年刊
  • 『会社訴訟ハンドブック』 商事法務 2017年刊 (共著)
  • 『実務分析 M&A判例ハンドブック』 商事法務 2015年刊 (共著)
  • 「EUのカルテル事案における民事訴訟の近時の動向と対策―リニエンシー提出資料の民事訴訟における開示を中心に」 NBL No. 1012 2013年刊
  • 「売主の視点に立ったM&A契約条項の留意点」 ビジネス法務 2010年9月号 (共著)
  • 「Management buyouts: New procedures for fair MBOs」 『The IFLR Guide to Japan 2008』 2008年刊 (共著)

講演・セミナー

  • 「独占禁止法に関する近時の動向と実務上の留意点」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第27回) 2017年11月21日
  • 「企業法務トピックス解説」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第23回) 2016年10月26日
  • 「企業法務トピックス解説」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第21回) 2016年5月23日
  • 「企業法務担当者がおさえておくべき近時の独占禁止法に関する諸問題」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第19回) 2015年11月25日
  • 「M&A裁判例の分析と取引実務への活用」 (弊所主催『実務分析 M&A判例ハンドブック』出版記念セミナー) 2015年5月19日
  • 「M&A裁判例の分析と取引実務への活用」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第16回) 2015年4月22日
  • 「パネルディスカッション 国際企業活動を成功に導くための弁護士活用法 」 (弊所セミナー) 2015年2月26日
  • 「最終契約を見据えた効率的な法務デューディリジェンス」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第14回) 2014年7月30日
  • 「企業法務トピックス解説」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第13回) 2014年4月23日
  • 「カルテル事案における米国反トラスト法・EU競争法の執行の特色と実務上の留意点」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第12回) 2014年1月29日