所属弁護士

藤本 知哉 | Tomoya Fujimoto

Tel :03-3596-7321

所属

  • 第一東京弁護士会
  • ニューヨーク州弁護士会
  • エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク

経歴

1992年 兵庫県立姫路西高等学校卒業
1998年 司法試験合格
1999年 京都大学法学部卒業
2000年 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、TMI総合法律事務所入所
2001年 森綜合法律事務所(現:森・濱田松本法律事務所)入所
2006年 アメリカ合衆国南カリフォルニア大学法科大学院卒業
2006年 Alschuler Grossman Stein & Kahan法律事務所
(Media & Entertainment部門)で執務(~2007年)
2007年 森・濱田松本法律事務所復帰
2010年 ニューヨーク州弁護士登録
2012年 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社入社
(日本及び韓国の法務責任者、日本のコンプライアンス責任者)
2013年 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社 取締役(~2018年)
2018年 潮見坂綜合法律事務所入所

著書・論文

  • 「ランハム法43条 (a) にいう「商品の出所」の意義」『アメリカの最高裁判例を読む : 21世紀の知財・ビジネス判例評釈集』 知的財産研究所 2015年刊 (共著)
  • 「最近の判例 Jacobsen v. Katzer, 535 F.3d 1373 (Fed. Cir. 2008) ―オープンソース著作権ライセンスに違反して製作されたソフトウェアプログラムに対する仮処分の申立てを棄却した地方裁判所の判断が、控訴審において破棄され、差し戻された事例」 アメリカ法Vol. 2010 No. 2 2011年刊
  • 「Chapter 8 Japan」『International Libel and Privacy Handbook: A Global Reference for Journalists, Publishers, Webmasters, and Lawyers, Second Edition 2nd ed. Edition』 Bloomberg Press 2009年刊 (共著)
  • 『徹底解析職務発明-職務発明をめぐる紛争の分析から制度設計まで-』 別冊NBL105号 商事法務 2005年刊(共著)
  • 「Lanham法43条(a)の適用範囲--Lanham法43条(a)は商品の製造者のみならず、著作者の権利をも保護するのか」知財研フォーラム56巻 2004年刊
  • 「監査役の観点から見た商法改正(商法改正第3弾 新しいコーポレート・ガバナンスの解説)」 旬刊経理情報 973号 2002年刊

講演・セミナー

  • 「コンテンツ取引とコンプライアンス~今後の展開を踏まえて~」 (弊所主催STWコーポレート・M&Aリーガルセミナー第29回) 2018年7月25日
  • 「知財ライセンスにおける独占禁止法―クアルコム事件を参考に」(森・濱田松本法律事務所主催ビジネスロー研究会) 2009年12月16日

主な受賞歴

  • The ALB Japan Law Awards 2014にて、The Walt Disney CompanyとしてTMT in-House Team of the YearとJapan In-House Team of the Yearを受賞いたしました。
  • The Legal 500 Asia Pacific 2012にて、Intellectual property分野におけるLeading individualsに選ばれました。
  • The Legal 500 Asia Pacific 2010/2011にて、Intellectual property分野におけるLeading individualsに選ばれました。